ハッスルタイムが待ち遠しい風俗店はセクシーバプ

セクシーパブと呼ばれている風俗店がある事は知っていると思いますが、同じようなセクシーパブでも、サービスの内容などで呼び方が変わる事がある種類の風俗店でもあります。
セクキャバやおっぱいパブ、ランジェリーパブなどと呼ばれている店もあるのですが、その中の1つにハッスルパブと呼ばれている種類の風俗店も存在しています。

キャバクラのような場所


基本的には他のセクシーパブと一緒で、お酒を飲みながら女性と楽しく会話をする事ができる店です。
もちろん女性次第では体に触れる事もできるのですが、射精などはできないのが決まりとなっています。
ハッスルパブの場合には、基本的に女性に触れる事は禁止となっている場合が多いのですが、ある一定の時間帯になると、ハッスルタイムという時間帯になり、この間だけは女性に触れる行為や、服を脱がすような行為、場合によってはディープキスなどができるような店もあるので、ハッスルタイムを待つドキドキ感が味わえる店と言えるでしょう。

プレイは店それぞれなので、働く前に確認


可能なプレイは店によって多少変わってくる事もあるので、しっかりとホームページなどで確認してから店に行くようにすれば、こんなはずではなかったという失敗も少なくなるでしょう。

風俗嬢として働く前にもセクシーパブの場合は仕事内容を把握しておくのが基本ですよ。